痛みを克服するために

顔に触れる女性

プチ整形の痛み対策

ボトックス注射はメスを使わない美容整形ですが、痛みがまったくないというわけではありません。注射針を刺す際の痛みについては、どうしても避けようがないのが実際のところです。たとえばボトックスは、一回あたりの施術で必要な部分に何か所か注射を打ちます。どの程度の回数を打つかは個人差や施術する場所によって違うので、そういった事情から痛みの度合いがまったく違ってしまう可能性も否定できません。さらに痛みに対する耐性も個人個人で異なるため、同じような物でもまったくとらえ方が違ってしまうことも考えられます。この点が施術を受けた方の間で、痛身についての感想が意見に真っ二つに分かれるゆえんでしょう。なおボトックスで整形をする際に自分がどちらに当てはまるかは、日頃受けている治療を参考にすればすぐにわかります。もし治療で痛みを過剰に感じる方は、ボトックスでの施術中も同じくらい痛いと感じるでしょう。また傷みはもちろん、先端恐怖症や注射恐怖症の方も施術を受ける際は要注意です。とはいえこれらの痛みや恐怖症で施術を受けにくい事情がある時でも、それぞれ対処法があるので必要な方は事前に申告しておきましょう。それで痛みの問題が解決する場合も少なくありません。注射の痛みの軽減方法として、ボトックスで施術する際に取り入れられている物には以下のようなものがあります。患者自身ができる物もあるので、施術を受ける時に参考にしてみましょう。まずボトックス注射をする際の痛みを軽減するために、冷やすという方法が有効です。冷やすということでその部分の感覚がマヒし、痛みを感じにくくすることができます。自分でもできる方法なので、施術する際の痛みを少しでも軽減したい方はぜひ試してみましょう。また細い針を使うことで、痛みを軽減しているクリニックも多いようです。針が細ければ細いほど皮膚に刺した時の痛みも少なくなるので、対策としては正しい方法でしょう。現在ではほとんどのクリニックでできる限り細い針で対応しているので、この点については問題ないはずです。これ以外では、麻酔で痛みを軽減するクリニックも少なくありません。麻酔の種類もテープやクリームといった肌の表面に使う物から、リドカインや手術で使用するような笑気麻酔までいろいろあります。痛みや恐怖症の度合いによってこれらを使い分ければ、ボトックス注射の痛みに悩まされることはなくなるので上手に活用しましょう。

Copyright© 2018 ボトックス注射で悩み解消【初心者でも楽々チャレンジ】 All Rights Reserved.