プチ整形をする前に

看護師

効果と結果を考えて施術

ボトックス注射には、食中毒菌であるボツリヌス菌の毒素から抽出した成分を使います。本来なら身体に悪影響が出かねない毒素も、医療機関で使われる物は毒性を大幅に薄めているので健康状態に影響が出ることはほぼありません。したがって毒素といっても、成分的には問題ないレベルで調整されているので必要以上に怖がる必要はないといえます。効果は、神経筋の抹消部分に伝わる伝達物質からの指令を遮断して出すことが可能です。伝達物質からの指令が来なくなれば、その部分の筋肉や汗腺が働かなくなるのでそこが原因になっている問題が解消されます。たとえば多汗症やワキガに使用すれば、その部分から汗が出なくなるので症状を緩和させることができるでしょう。これ以外にも細くしたい部分にボトックスを注射すれば、その部分の筋肉が動かなくなっていき徐々に萎縮していきます。委縮した部分は見た目にも小さくなるので、その部分だけ痩身させることもできるわけです。またボトックスの注射で得られた効果はおおむね一過性なので、最大で半年ほど経過すれば元に戻ります。効果を維持したければ再度施術することもできるので、やり方次第では自由自在に効果をコントロールすることも不可能ではありません。ボトックス注射の効果は、主に筋肉や汗腺に限られるのでそれが関係していない部分ではあまり効果が出せない可能性があります。ゆえに使用できる部分や人物のタイプを選ぶ施術といっていいかもしれません。ではどんなタイプがボトックスの注射に向いているかといえば、第一に筋肉が発達している方です。顔やふくらはぎなど、力を入れた時に盛り上がる状態がみられるようなら治療でかなり改善できます。さらに表情じわなど、筋肉を動かすことでできるしわにも効果的です。ほうれい線や額などに気になるしわがみられる方は、ボトックス注射を使用して除去してみましょう。その上で安全に効果を出すためには、施術時の健康状態も影響してきます。アレルギー体質でないことはもちろんのこと、妊娠中や授乳中でないことも大切です。さらに抗生物質や筋弛緩剤の他にも精神安定剤など、一部の医薬品がボトックス注射に使われる製剤との相性が悪いのでそれを使用していないことも必要になります。簡単な施術のようにみえても、薬の効果の関係からそれなりの条件を要求されます。ボトックス注射でプチ整形をする際は、条件を満たしたうえで施術を受けるようにしてください。

Copyright© 2018 ボトックス注射で悩み解消【初心者でも楽々チャレンジ】 All Rights Reserved.